スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコールバズーカなんて作ってみたり

最近更新してなかったですねーw


一応生きてますよ


いそがしくてw 宿題なんかまともに手もつけられない


最近教室でピンポン球をなげたりしてたら作りたくなったんですよ♪


ってことで塩ビ管とキャップ買っておいたの


とりあえずアルコールを爆発すればいっかーぐらいのきもちw


最初は水素とか気圧系でいこうと思ったけど手軽さでアルコールに


アルコールだから電気火花で点火。。。 圧電素子発見ー ストック残り3つー


ポカーさんのを参考にアルミテープで配線・・・


ってことで一応できましたー


アルコールつめるときは塩ビ管の口を少しふさぎピンポン球をゆっくり落としながらアルコールをシュッシュします


要するにピンポン球をポンプみたいに そうじゃないとなかなか奥までアルコールがいってくれない


 ってかピンポン球を3つくらいつめとくと機密性があがって威力も向上


まぁ改良すべきところが多すぎて笑っちゃうw


まずはキャップの内側をアルミテープ張ったからキャップの開け閉めしてると引きちぎれて断線する。。。


次にリロードが遅すぎw 前撃ったときのアルコールが残ってたり、アルコールが蒸発するには時間かかるし・・・


あとは機密性をビニールテープとかで威力向上かな、、、


撃ちまくると酸素欠乏で管の中やばい 内部に換気用プロペラほしいw

スポンサーサイト

コイルガン製作中!=4段目完成、そして・・・=


さきほど4段式へとグレードアップしました!!


ですが、、、 3段式よりも威力が落ちているという・・・


原因はわかってます 放電時間が長すぎることで引き戻しが起きているからです


弾速が早くなればなるほどコイルを通過している間の時間が狭まり段数が増えていくほど放電時間をさらに短くしなくてはならないのです


同じ容量のコンデンサーで放電時間を短くしようとすると必然的にその分多くの電流が流れます


そうなってしまうとトライアックがもちません 


2パラにするという方法もありますがそれでは予定していたトライアックの個数があわなくなります 


しかも電子的な世界では同時なんてものはなくミリ秒やマイクロ秒単位でずれるはずです 安全は保障できません


そこで一度この実験を<凍結>および<リターン>を行い 3段式のコイルガンで一時完成とします


正直コンデンサーが予定していた量より半分しか使っていないのでもうひとつ同じものを作れてしまいますww

しかしトライアックをまた買って実験再開をしようと思っておりますので 

ぜひ温かい目で見守ってくださると光栄です


コイルガンの多段展開については凍結しますが 次のステップの電源回路へとまいります 最後は実装&装飾ww


bws様からいただいたサイリスタもいずれ何かの形で使いたかったり ほかにも作りたいものがあったのでグッドタイミングと前向きに




プロフィール

mizunokotai

Author:mizunokotai

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。