スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高圧コンデンサの考察

書いてて一回全部消えました心が折れそうです

お久しぶりです放置安定みずのんでございます
一度ブログを消そうと決意しましたが気が変わり更新しています
ですが今年は私も受験生の身なので更新はないものと思います

現在学校ではバイオエタノールの研究、主にバイオリアクターについてやっています
やりがいがあっていい感じです

では本題に移ります
積分氏の高圧コンデンサについて
物質が一致している確率は低く製造方法も難しいとのことですが一応物質名の明言は控えます

物質の性質
比誘電率が高い
水溶性である
潮解性もしくはそれに近い性質がある
バリウム系化合物ではない(本人談
これらはほぼ確定してもよい性質と思われます
次に推測
以前製作中の写真の中にフライパンが写っておりました フライパン内部には白い粉が付着しているように見えました
よって物質は強酸強塩基である確率は低いと思われます
強酸強塩基をフライパンで加熱して跳ねたらまずいであろうという推測です
また引火性はないようです マントルヒーターでないので
比誘電率の観点から
比誘電率が比較的高い物質は物質の構造に歪がある(言語説明できません)と私は解釈しております
例としてチタン酸バリウムの場合イオン半径の大きなバリウムイオンによって歪が生じるため結晶の構造となったとき比誘電率が高くなるのです
しかしバリウム系ではないとなるとふさわしいイオンはほとんどありません
故に私はこの物質は有機物であると思います 有機物の方が歪を作りやすいという発想です
有機物で常温で結晶(固体)
スポンサーサイト

花粉、黄砂ときどきPM2.5

いろんなものが飛び交う外にはうかつに出れませんね
どうもmizunokotaiです
ただいま数学のワークを下敷きにしてノパソを置いて画面と向かい合っております
最近はとても暖かくてひきこもり日和です
少し製作がはかどったので紹介します

CIMG1991_convert_20130311180453.jpg

まずはア理科にのっていたやつの再現実験
実験に必要な簡易アンプつくりました
実験の内容は、窓ガラスに当たり反射したレーザー光をアンプで増幅し聞くというものです
「レーザーとう○ょうき」と表記したほうがわかりやすいかと

CIMG1993_convert_20130311181018.jpg

いきなり窓ガラス使ってもアレなので薄い鏡使いました
実験用のプラスチック鏡です 万華鏡を作ったりするのに便利そうです

CIMG1997_convert_20130311180711.jpg

設定がかなりシビアでしたが一応このポジションの時に成功しています
とりあえず再現実験は成功ということで
これから実践に近い状況で実験したいと思います
学校にオシロがあるのでなにかと捗る

IMG_1006_convert_20130311180601.jpg

PLLは少し前から完成していたのですが配線ミスがあったので修正しました

CIMG2000_convert_20130311180816.jpg

これが最近作ったゲートドライバ回路です
秋月のドライバICとNANDを組み合わせています
手持ちにNANDしかなかったのでとりあえず使ってますが残ったNANDは安全装置のほうで使おうかと
NANDなどロジックは電源電圧が低くないといけないので抵抗3本で分圧して使っています

CIMG1999_convert_20130311180925.jpg

組み合わせるとこう
いいかんじっすね

CIMG1980_convert_20130311180309.jpg

これが心臓部分のHF
放熱板が小さいので大きい放熱板がほしいですね

写真がないけどリッツ線を使ったインダクタも作りました
コアはFBTからもぎとったやつ
FBTのコアは地味に導電性があるので注意してください

残っている作業はワークコイルとタンクコンデンサをつくること
タンクコンデンサの耐圧が厳しいかも

長々と書きましたが一応誘導加熱装置のためにつくってます
テスラコイルにも転用できますが2次コイル作るお金と時間がないのでためらってますね


そういえば例の香水
実験する目的を明確にして先生を納得させないといけないというそこそこ厄介な問題にぶち当たっていて、心が折れそうっす
目的?そんなものないね!
目的のためなら手段を選ばないというやつもいるが世の中には手段のためなら目的を選ばないというどうしようもないやつもいるのだ!
今週作れなかったら諦めます(笑

活動まとめ

あけましておめでとうございます。
とても遅いあいさつですが許してくださいな
とにかく、お久しぶりです
みんなから忘れられているmizunokotaiです。どうも
高校生になっていろいろと中途半端な自分が苦手になってきました。
やっぱりやりたいことだけに絞るべきだったなと
キャパオーバーしてしまってて情けない
とりあえず前の更新からものすごい空白ができてしまったので
いろいろ公開しておきます

IMG_0901_convert_20130117195006.jpg
IMG_0903_convert_20130117195117.jpg

まずはこれ
初めて表面実装部品を使ってみたやつ
これは平たく言うとFETスイッチです
FETが表面実装です

IMG_0513_convert_20130117194732.jpg
IMG_0512_convert_20130117194914.jpg

写真が天変地異起こしてますが気にしない
画面を逆さまにしてみてね!
コイルガンは今の時点では絶賛埃をかぶっていますが、久しぶりに使ってあげたいと思いつつ使ってない
今思い返すと設計ミス多すぎて目をそらしたい
中二の時から作っていたのでまさしく中二病の産物
いい思い出となっています

IMG_0983_convert_20130117194416.jpg

これは最近?秋月にでたドライバを使ったハーフブリッジです
半田付けしてないんでぐらぐらしてます 週末にでも仕上げるよ予定

IMG_0986_convert_20130117192421.jpg

これはエフェクターの回路
オーバードライブというやつで既製品を買うとめちゃくちゃ高いそうですよ
つーかギターほしい!(切実

IMG_0985_convert_20130117192548.jpg

これはIC指してないのでもはやなんだかわかんない
ちなみにコンパレータを使った減算回路と積分回路です
この後左側に回路を追加します

IMG_0984_convert_20130117194314.jpg

で、これがMIDIロボの回路
ハードは決まってますがソフトができてません
まさにハリボテ!
ゆったりと中身を作る予定です。

最近知ったのですが
もしかして電気電子工学って留年率と自殺率高い?
やだわー
リアル突然の死じゃないっすかww

ではまた

すべては順調


最近生徒会に入ったmizunokotaiです。どうも

高校生活にもかなり慣れました。 何が生きがいなのか見失いそうな毎日ですけど(深刻

最近部品を大量に買ってきたので財布の中がアブソリュートゼロっすよ (過大表現

AVRでMIDIなんかを制御する訓練中です。

とりあえずUSB―MIDIのケーブルをLEDで確認しました。あたりまえだけどチカチカ光るw

次は学校でオシロスコープっすね


エフェクターの作り方という本を買ったのでエフェクターも作ります。

市販のエフェクターって高いんですって(”O”)!?

作る。そして、売る。

頑張ります。

がすぱっちょ!


プロフィール

mizunokotai

Author:mizunokotai

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。