スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動画つくりましたー

どうもリアとも用垢が特定されてしまったみずのんでございます

油断してたというか半年前のtweetをRTされるなんて思わなかったすよ

とりあえずそのまま放置しておきますね



最後のwatchingのcが抜けるというミスが発覚しました とても赤面です

スポンサーサイト

またコイルガンはじめました!

なんだかんだでコイルガンを放置してたら年が明けてしまったのでいい加減に再開しようかとw


とりあえずセンサー部分の確認をしてから、、、


ってセンサーが動かないんですけど(((( ;°Д°))))


何もしないのにトリガー電流流れてるし、、、 


とりあえずバッテリーが死んでるのが気に食わないので交換

定格12Vが9Vまで下がってる!


調べていくと

それ作ってどうするの? こいつが原因ってことが判明! たぶんトランジスタがいかれたんだと思うけど面倒なので、このパーツ自体交換ww


ってことで実際に撃ってみたら見事成功!!

若干速くなったと思う (だんだんデジカメだと分からなくなってきた・・・


それ作ってどうするの? 長さ5センチの弾丸 


コイルガンの弾丸は先端を尖らせる人が多いけどあえてただの円柱で


あとはかわいそうなターゲットのスチール缶

それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?それ作ってどうするの?


穴だらけww 


スチール缶がたりなくなってきたので自販機で缶コーヒーでも買うか



実験予定


とうとうテスト一週間前に入ってしまったので部活停止かー


昨日は放課後理科室で実験ww


だって一緒に帰る人がいなかったんだもんww


とりあえず昨日やっと先生に見てもらえたので研究内容の路線変更と


物理現象が研究テーマなんでやりがいがありそう


昨日のうちにデータがある程度取れたので分析?をあとでしないと



コイルガンを凍結していたのでそろそろ解凍してあげる時期かなーってことでまたコイルガンやってました!


思い出してみると3段目まで順調に進んで4段目で威力が下がるという失敗したんだっけ


4段目で威力が落ちるってことはコイルに電流を流しすぎて減速する力が働いてるのだから


コイルに電流を流す時間を減らせばいい・・・


ってことでコイルを一層はがしました! 流れる電流がトライアックの限界を若干オーバーしてるような(^^;)


トライアックはじけたら並列でつないでやり直しかー 

ってことは壊れたトライアック+新しいトライアックでどんどんお金が・・・


コンデンサーとかコイルとか光検出回路とかの配線をつなぎなおしたので今日の午後に実験する予定


上のほうでテスト一週間前とか言ってたけど気にしないww

コイルガン製作中!=4段目完成、そして・・・=


さきほど4段式へとグレードアップしました!!


ですが、、、 3段式よりも威力が落ちているという・・・


原因はわかってます 放電時間が長すぎることで引き戻しが起きているからです


弾速が早くなればなるほどコイルを通過している間の時間が狭まり段数が増えていくほど放電時間をさらに短くしなくてはならないのです


同じ容量のコンデンサーで放電時間を短くしようとすると必然的にその分多くの電流が流れます


そうなってしまうとトライアックがもちません 


2パラにするという方法もありますがそれでは予定していたトライアックの個数があわなくなります 


しかも電子的な世界では同時なんてものはなくミリ秒やマイクロ秒単位でずれるはずです 安全は保障できません


そこで一度この実験を<凍結>および<リターン>を行い 3段式のコイルガンで一時完成とします


正直コンデンサーが予定していた量より半分しか使っていないのでもうひとつ同じものを作れてしまいますww

しかしトライアックをまた買って実験再開をしようと思っておりますので 

ぜひ温かい目で見守ってくださると光栄です


コイルガンの多段展開については凍結しますが 次のステップの電源回路へとまいります 最後は実装&装飾ww


bws様からいただいたサイリスタもいずれ何かの形で使いたかったり ほかにも作りたいものがあったのでグッドタイミングと前向きに




コイルガン製作中!=測定完了!=


三段式コイルガンの弾速測定がさきほど終わりました!


三段式コイルガン 総エネルギー258.476J


結果 秒速50m! (暇な人時速に変換してみてね)


やったねw


コイルガンシミュレーターの結果よりいつも上回ってますw


下回ってるわけじゃないのでうれしいのでいいですがww


おそらくシミュレーションどおりにいかないのはコンデンサーの放電時間をRLCシミュレーションというほかのシミュレーションに頼っているのでそこで発生する誤差かと 


あとは配線抵抗とか不可抗力など・・・


コイルガンシミュレーションの結果と異なる実際の数値が出てきてるのでそのたびにシミュレーションやりなおしということになってますw


なのでなかなか完成しないです(T・T)


でも一応最適コイルはちゃんと導いてくれるのでコイルガンシミュレーションには感謝ですw


シミュレーション結果と今までの実際の数値をのせておきますね

    一段目 2段目 3段目

シミュ 15    27    45

実際  20    40    50


だいたいコイルガンシミュレーターと実際のギャップが読めてきたww


というか弾速計がすごくほしいですw

PICライターが必要だったような・・・

プロフィール

mizunokotai

Author:mizunokotai

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。